体験!人柄フィール コーナー vol.2

今回のゲストは、CASAリメイク作家の柴田民緒(しばた たみお)さんです。

 

まずは、柴田民緒さんのプロフィールをご紹介します。

オリジナルリメイク雑貨ブランド「Casa de Paraguas(カサ・デ・パラグアス)」代表の柴田民緒さん。
現在、日傘のオーダーメイド制作を中心とした活動の傍ら、ご自身の作品制作にも意欲的に取り組んでいらっしゃいます。

日傘制作は、趣味が高じて自己流で始めたとのことですが、2017年6月に初めて開催した着物日傘個展では、2日間で300名を超える来場者数を記録するなど、大きな反響があったそうです。
その後、日傘をリメイクしたいと希望される方からのご依頼が殺到。全国にそのファンを増やし続けていらっしゃいます。

そんな柴田さんのユニークな活動は、テレビや新聞など多くのメディアで取り上げられています。

また、一般社団法人日本日傘男子協会理事https://www.higasadanshi.com/としても活動され、新たな取り組みもなさっています。
さらに、法律事務所秘書として働くという意外な一面をお持ちの「一児のママさん」でもあります。

 

来年(2022年)からは、オリジナル作品制作を中心とした作家活動に移行されるそうです。
日傘のオーダーメイド枠は、縮小する予定とのことですので、オーダーメイドを希望される方は、お早めにご検討ください。

柴田さんのモットーは、「ナンバーワンよりオンリーワン☆」。
世界で一つだけの日傘の花を咲かせる活動は、まだまだこれから広がります。

 

オリジナルリメイク雑貨ブランド「Casa de Paraguas(カサ・デ・パラグアス)」

https://www.casadeparaguas.jp/

そんな柴田民緒さんの「食」に関する人柄フィールをぜひご覧ください。

◆取材後記
P.S.エリー(田中恵里) です

柴田さんの作る日傘は、着物をリメイクしたもの。
彼女の感性と丁寧な手仕事が、眠っていた宝物に新しい命を吹き込みます。
古き良きものを大切にする方だからでしょうか。思い出を慈しむように、一つ一つ大事に言葉を選ばれているのが印象的でした。
冷蔵庫で微笑むてんとう虫。しばらくは彼女に見守られていることでしょう。

 

◆人柄フィール体験談
From 柴田民緒さん

私の心の中で忘れかけていた思い出のかけらたち。
人柄フィールの魅惑のエッセンスをふりかけられたことで
またバラバラが少し繋がったような不思議な気分です。
あの一連の出来事を思い出したらまたほろ苦さが戻りつつ
でもでも、なんだか幸せな余韻も残ってて…
これはきっと約300字という絶妙な長さのストーリーに
ギュッギュッとうまくまとめてくださった人柄フィール
だからこそ感じられた幸せ感なのだと思います。
このたびは素敵な体験をさせて頂き、どうもありがとうございました。

p.s.
ちなみにあのお取り寄せしたチョコ、実はまだ食べられずにいます(笑)